ブログ


 
本当にあったおっぱいの怖い話
2020/04/27(月)19:09


皆様こんばんは。
GW入りましたがいかがお過ごし
でしょうか。


今日は本当にあったおっぱいの怖
い話をしようと思います。

プライバシー配慮のため実話を元
に一部の改変・創作を含むことを
ご了承ください。




*************

惨劇の引き金となったのは映子の
一言であった。

「そういえば私、Aカップから
 Fカップになった
んですよ~。」

ぼんやりした閑にまかせて三々五
々お喋りしていた女子の視線が
一気に映子の胸元に集まる。

どう見ても映子の胸はいつもと変
わらぬ控えめな佇まいだ。

全員の頭の中で疑問が濁流となっ
てうずまき言葉が出てこない。

最初に口を開いたのは慎ましい胸
の美子だった。

「えっと、具体的に何したの?」

映子の話を聞くところによると、
豊胸専門のサロンがあり、月に一度
そこへ行ってバストのサイズを測っ
たりサプリやオリジナルブランドの
ブラジャーを購入しているとのこと。

店員さんはすごく親切だし、このブ
ラジャーしてると毎月少しずつ胸が
大きくなってくんですよ、と映子は
嬉しそうに語っていたが、皆の不審
に満ちた目に気づき

「ホントですよ!嘘だと思うなら触
 ってみてくださいよ!」

と言い放った。
たまたま隣にいた豊かな胸の椎奈は
突き出された映子の胸に触れたあと、
少し逡巡しておそるおそる言った。

変わっ…てないと思う。

そこからは激怒した映子と宥めすか
す人、現実を見ろと厳しく叱責する
人、騙されてるからやめろと説得し
ようとする人で場は地獄絵図と化し
た。


証拠を見せてやると言ってわざわざ
個室で外してきた映子のブラジャー
をのぞき込んだ全員が目を見開いた。













Aカップのブラジャーに
Fカップのタグが付いている。


















明確な詐欺。













一瞬時が止まった後、美子が叫んだ。

これじゃEカップの椎奈の胸半分
 も収まらんだろうがぁぁぁぁ!!
 気づけやぁぁぁ!!


なぜか激高する美子。

そこまで言われても頑なにFカップ
だと言い張る映子と火を吐かんばか
りに責め立てる美子、真剣に映子の
説得にかかる周囲、石のように固ま
る巨乳達。
混沌を極める地獄絵図再び。


今思えば、美子は自分よりサイズの
小さな映子がFカップを名乗った事
に対して怒っていたのではない。

胸を大きくしたいという切実で純粋
な乙女の願いを利用した悪質な詐欺
に対して怒っていたのだ。


そのサロンでは専売品のサプリやブ
ラジャー、マッサージの指導などの
効果で胸が大きくなるとうたって毎
月サロンに通わせ、胸を褒めちぎり
ながら(タグの)サイズが大きい
〇万円のブラジャーを売りつけてい
たらしい。
なんとも卑劣なやり口である。

皆に懇々と説得された結果、映子の
結論は「みんなにいじめられた」で
あった。

人は真実ではなく自分の信じたいも
のを信じてしまうのである。





*************


いつも女性に優しいエグゼクティブ
な紳士の皆様はどんなサイズのおっ
ぱいに対しても微笑みと共にスマー
トな誉め言葉をくださるものです。


女性のおっぱいに物言いつけたい男
性はご自身のおっぱいをこのくらい
鍛え上げてからにしてください。



img




みんな違ってみんな良い。

その言葉を胸に今週も頑張ってまい
りましょう。💓